野球でミスした人への対応

野球、プロを目指す人たくさんミスをすると思います。
その人はミスしたくてミスをしたのではないことは明白です。
監督であれば、その人を責めるのではなく、
ミスをなぜしたかを分析し、アドバイスをするのが良いですね。

もしかすると、ミスした本人は何故ミスしたのかわからないかもしれません。
ミスするかどうかは一瞬の出来事なので分からないのも無理はない。
第三者がそのミスを見るとき、何故、ミスしたのかを常日頃からそのように見ることが最も大切。

常に俯瞰できる目を持っていたら
ミスが起きるたびに楽しくなるかもしれません。
これはちょっと極端ですが。

常にそのような環境で観察していくと
ミスの原因がすぐにわかると思います。
原因が分かればミスした本人にに適切なアドバイスができるようになる。

そのようなことを続ければ、そのチームはいずれ強豪チームとなるでしょう。

少年野球 指導方法