せどりには古物商許可が必要

最近またまたせどりの人気が上がってきました。

でもせどりは誰でも簡単にできますが、古物商許可が必要だということを知らない人が多いのではないでしょうか?

自分の持っている本を売る程度なら古物商許可は不要ですが、ブックオフで大量に仕入れて転売するようなら古物商許可は必ず必要です。

もし、知らなくても無許可で売買していて発覚したらかなり重い罰則が科せられます。3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金という重いものです。

知らないでうはうはしていたらとんでもないことになりますよ!

古物商許可を取るには申請手数料が19,000円かかります。

認可が取れた後は古物プレートと古物台帳が必要になります。これらは10,000円ほどかかります。

古物商許可は誰でも簡単にとれる訳ではありません。申請書類には役所や法務局で貰う書類もあります。

また欠格要件に該当する人には認可がおりません。欠格要件とは破産した人、前科のある人、暴力団関係者などです。

古物商許可の認可が下りなくてもお金は戻りません。司法書士に一任するのが間違いありませんが、依頼すると4~5万円はかかります。

ともかくせどりで儲けるときは古物商許可を取らないと後から痛い目を見ます。

 

 

マカド!は出品、販売、価格改定をする総合管理アプリ!